どのシーズンに航空券を購入するか

- どのシーズンに航空券を購入するか

どのシーズンに航空券を購入するか

当然ですが航空券の価格というのは、時期やシーズンによって大きく変動します。基本的に、繁忙期であれば運賃は高くなりますし、閑散期であれば安くなるのが通例です。したがって、格安航空券を手に入れるなら、どのシーズンに購入するかもポイントになるわけです。

一般的な繁忙期と閑散期について


一般的に、夏休みシーズンである7月から8月、大型連休となるゴールデンウィーク、帰省シーズンとなる年末年始、3月上旬の卒業シーズンなどが繁忙期になるので、この時期は航空運賃も高く設定されることがほとんどです。

一方で、連休が少なくなる5月中旬から6月、仕事が始まる正月明け、新年度となる4月、そして10月から11月などの時期は、閑散期となるため低価格になることが多いです。

もちろん、航空会社によって設定は異なりますし、目的地によっては閑散期でもチケット代が高くなるケースもあります。したがって、詳細部分は必ず航空会社のホームページをチェックするようにして、少しでもお得に航空券を購入しましょう。

繁忙期に格安で購入することはできないのか


繁忙期は航空運賃が高くなるわけですが、その時期に格安航空券を購入することはできないのでしょうか。近年では、繁忙期であっても多くの航空会社が割引プランを提供しており、早割や得割などで予約をすればある程度安く購入することは可能です。むろん、それでも閑散期に比べればかなり高くなってしまいますが、この時期しか旅行ができない人にとっては、十分有難いサービスでしょう。
また、LCCなら繁忙期であっても週末でなければ、そこまで料金が跳ね上がることもありませんから、そちらも積極的に活用してみるといいかもしれません。ただ、どちらを利用するにしても、繁忙期は予約がすぐに埋まる傾向にあるので、少しでも早く席を抑えたいところです。
その他にも旅行会社なら手に入る可能性もあるので諦めずに探すことも大事です

もちろん閑散期に予約をするのが理想的

むろん、格安航空券を手に入れるなら、閑散期に予約をするのが理想的だと言えます。もしも、休みが取れるかどうか分からない場合でも、早めに予約をしてチケットを抑えておいてもいいかもしれません。できるだけキャンセル料の少ないプランを選べば、もし取り消すことになったとしても、そこまで大きな負担にはならないでしょうから。

まずは大まかにでも調べておく

とりあえずは、「この航空会社はどの時期が安いのか」、「この航空会社はこのシーズンが高い」などを把握するために、運賃の相場を大まかにでも調べておくようにしましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 意外とお手軽?格安航空券の入手方法! All Rights Reserved.